インプラント治療を行う前に知りたい様々なこと

口コミチェック

治療中

近年、新しい歯科技術として、「インプラント」治療が普及しています。この治療は、主にチタンで出来た人工歯根を顎の骨に植え込み、一定期間後に人工歯冠を被せる方法です。
従来、歯を失った場合等には「入れ歯」を使用していました。入れ歯は更に、「総入れ歯と部分入れ歯」、「ブリッジ」に分類されます。
これらの治療が行われても、歯根は失われたままです。歯茎に義歯を置いているか、あるいは、ワイヤーなどの金属で健康な歯に接着しているだけなのです。
そのため、口中に違和感を感じます。安定性に乏しく、口中範囲が狭くなることから、明瞭な発音がおこないにくくなります。
一方「インプラント」治療は、歯根から作り直すという全く新しい治療方法です。本来の自然歯の感触を取り戻すことができ、正しい噛み合わせを手に入れられます。
口もとが美しくなるだけではありません。歯が及ぼす様々な身体への影響も改善され、結果的に健康を手に入れることができるのです。

「インプラント」治療は、日々進化を続けています。まず、使用される素材は「チタン製」が主流です。
チタンは骨との結合が良く、発がん性等の心配がありません。毒性が無く安定しており、骨や軟組織面との親和性が高い金属です。
本来、手術にあたっては人工歯根を植え込むだけの「顎の骨」が必要です。十分な強度がない場合等は、骨移植が行われていました。
しかし、「ショートインプラント」と呼ばれるものが開発され、骨移植を行わなくとも人工歯根を植え込むことが可能になっています。通常よりも短いのですが、強度等なんら問題がありません。
患者さんへの負担も軽減できることから、多くの症例で使用されています。また、支点となる部分に人工歯根を植え込み、数本から10本程の歯がひとつになったインプラントを装着する治療があります。
これは、手術による刺激が少なく、治療費も抑えられるなどの利点があります。歯への意識が高まる中、多くの方が「インプラント」を治療方法として選択しています。
今後も一層、普及・浸透していくでしょう。